• 印刷する

6~8月の失業率6.1%、前期から横ばい

香港政府統計処は17日、6~8月の失業率(暫定値、季節調整済み)が6.1%だったと発表した。前期から横ばい。期中の7~8月は新型コロナウイルスの流行「第3波」が地場経済に打撃を与えたものの、雇用維持を目的とした政府の賃金補助制度が一段の悪化に歯止めを掛けたとみられる。

統計処によると、失業者数は24万8,300人で、前期から約5,800人増えた。就業者数は約3,400人増の364万400人、労働力人口は約9,300人増の388万8,800人だった。

就業時間が基準に満たない不完全就業者(パートタイムなど)が労働力人口に占める比率を示す不完全就業率は0.3ポイント上昇の3.8%と悪化した。

主要8業種の失業率を見ると、上昇と低下はそれぞれ半数ずつとなった。建設は11.1%と業種別で最高だったが、前期から0.2ポイント低下した。製造も0.3ポイント下がり6.4%となった。

一方、小売り・宿泊・飲食は0.1ポイント上昇の10.9%となり、2002~03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行後で最高だった。金融・保険・不動産・専門サービス・ビジネスサービスも0.1ポイント上昇の3.8%だった。

政府労働・福祉局の羅致光局長は「6~8月も労働市場の状況は厳しかった」と指摘。9月以降、域内では新型コロナの感染状況が落ち着いてきているものの、世界的には感染拡大が続いており「全体的な経済は依然低迷し、労働市場は短期的に圧力に直面する」と総括した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:漢方薬材の陳皮は、「新…(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

キャセイ労組、対決姿勢へ 再編に伴う待遇引き下げに抵抗(10/27)

大規模強制検査は経済回復の鍵、財政長官(10/27)

新たなコロナ感染者8人、全員が流入症例(10/27)

6日続伸、本土石油大手に買い=香港株式(10/27)

ゴールドマンに罰金、過去最高3.5億米ドル(10/27)

理財通の投資枠、往復とも1500億元に設定(10/27)

物価連動債申し込み初日、投資家の反応上々(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン