• 印刷する

フリップカート、祭事商戦で7万人臨時雇用

インドのインターネット通販大手フリップカートは15日、祭事商戦に備えて期間従業員7万人を雇用すると発表した。PTI通信などが伝えた。

インドの小売業者にとって、祭事期は年間売上高の40~50%を占める1年で最大の書き入れ時。フリップカートは毎年、大規模セール「ビッグ・ビリオン・デイズ」を実施している。採用された従業員らは、商品の仕分けや選別、梱包など、主に倉庫での業務を担う。

インドのインターネット通販市場では、フリップカートとアマゾン・インディアが2強。昨年の祭事期は2社で計14万人を雇用したとされる。


関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

今後1年はルピー安基調 収支悪化影響、MUFGセミナー(09/25)

米ハーレー、インドでの生産終了(09/25)

三井物産と日本曹達、農薬企業に出資(09/25)

楽天、印IT大手とネットワーク展開で提携(09/25)

アップルのオンラインストア、23日に開設(09/25)

ホンダ、自動車の仮想ショールーム開設(09/25)

MGモーター、SUV「グロスター」を発表(09/25)

メルセデス、6~8月のネット販売は500台(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン