• 印刷する

「中国製」表示義務化、政府が米に撤回要求

香港政府商務・経済発展局の邱騰華(エドワード・ヤウ)局長は16日、米政府に対し、米国内で販売される香港製品に現行の「香港製(メード・イン・ホンコン)」ではなく「中国製(メード・イン・チャイナ)」の表示を義務付ける原産地表示の変更措置を撤回するよう正式に要求したと明らかにした。スミス駐香港米総領事を政府庁舎に呼び、ムニューシン財務長官に宛てた撤回要求の書簡を手渡したとしている。星島日報(電子版)が伝えた。

邱氏は、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表に対しても同様の要求を行う考え。米国内にある香港経済貿易代表部にも、米関係当局への働き掛けを指示したことを明らかにした。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者3人、累計4996人(17:12)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

6~8月の失業率6.1%、前期から横ばい(09/18)

新たに感染者9人を確認、累計は4993人(09/18)

検体採取容器の配布、18日から9カ所追加(09/18)

アントの香港IPO、来週にも上場審査(09/18)

続落、米指数先物の下落受け=香港株式(09/18)

7月の民間住宅着工数、増加も1千戸届かず(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン