中国「主権守る活動」、台湾防空圏進入を正当化

【北京共同】中国国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光報道官は16日の記者会見で、台湾の防空識別圏に中国軍機が多数進入したと台湾側が非難したことに対して、中国軍の訓練だと認めた上で「国家主権を守るための必要な活動だ」と述べ、正当化した。中国国営メディアが伝えた。 …

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:展示会や街角で化粧品関…(10/21)

9月の輸出受注が過去最高 500億米ドル突破、電子好調(10/21)

鴻海、ブラジルとインドで新iPhone生産か(10/21)

緯創がWDマレーシア工場買収、2900万米$(10/21)

PCきょう体の巨騰、越工場を来年建設へ(10/21)

車載LEDの麗清、米大手から100億元受注(10/21)

ポルシェの台湾販売、1~9月は2割増(10/21)

国光生技、21年に無菌充填の生産能力4倍に(10/21)

微風の20年売上高、3%増に上方修正(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン