美的集団、上海にグローバル研究開発拠点

家電大手の美的集団(広東省仏山市、ミデア)の上海市のグローバル研究開発(R&D)拠点が2024年に本格稼働する見通しだ。ネットメディアの澎湃新聞が15日伝えた。 R&D拠点は青浦区に設ける。今年12月に着工する予定。建築面積は約36万平方メートルで、投資額は60億元(約93…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 電機建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国人の入国規制緩和へ、隔離期間短縮など(10/27)

YKK、業務改革で納期短縮 RPA導入、窓口業務を自動化で(10/27)

テイクオフ:日本ブランドの模倣? …(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

織布の輸入依存、現調率は約4割=国会報告(10/27)

キャセイ労組、対決姿勢へ 再編に伴う待遇引き下げに抵抗(10/27)

新疆カシュガルで137人感染 警戒レベル1級、再度の集団感染(10/27)

大規模強制検査は経済回復の鍵、財政長官(10/27)

増値税の立法化を推進、税率は2段階へ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン