• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスの第…

新型コロナウイルスの第1波がタイに襲来して半年。当時はここまで封じ込めがうまくいくとは思っておらず、在宅中も不安が大きかった。その時にマンションのベランダでプランター菜園を始めた。誰かに勧められたわけでもないが、後にタイ国内外で同じ行動を取っている人がいると知り、面白い現象だと感じた。

プランター菜園のゴーヤとキュウリの苗は自分の背の高さを超え、小さなカーテンができている。ただ肝心な収穫は2度だけ。タイ人農家の知人いわく虫がいなくて受粉できていないか、プランターの土の栄養不足ではないかと言う。

確かに月1回ペストコントロールがマンションに入る。ヤモリはいるが、蜂を見たのは数回。これが都市の生活だと言われそうだが、花は咲けど虫が来ないのは何かと心配である。近隣に迷惑にならない程度に人工受粉も試して菜園を続けてみたい。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/18)

帰国者1人が死亡、死者は6月以来(18日)(09/18)

【ウィズコロナ】HIS、学研教室運営に参入 独自ネットワーク活用し相乗効果(09/18)

配車ゴジェック、資金調達へブランド統一(09/18)

8月の自動車生産、30%減の11.7万台(09/18)

8月の自動車輸出、30%減の5.7万台(09/18)

発電3公団、EV充電スタンドの増設加速(09/18)

8月失業率1.9%、若者・東北部・農業深刻(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン