CNGステーションの半数が休業、ヤンゴン

ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区で16日から、公共のバスなどの燃料として使われる圧縮天然ガス(CNG)の充塡(じゅうてん)ステーションの半数が一時的に営業を停止したようだ。新型コロナウイルスの感染が再び拡大しているため。国営紙グローバル・ニュー・ライト・…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーはプラス成長維持 ADB、縫製打撃も農業で輸出補完(09/21)

21日から、ヤンゴンで会社出勤を原則停止(09/21)

新規感染642人、累計で5千人超え=20日朝(09/21)

韓国友好橋の工事中断、作業員がコロナ感染(09/21)

月末までにコロナ感染者1.6万人も=国軍(09/21)

域内経済回復へ政策、日中韓ASEAN財務相(09/21)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/21)

マンダレー、トラック運転手は入域前に交代(09/21)

第一生命、ミャンマー子会社が営業開始(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン