• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの影響で在宅…

新型コロナの影響で在宅勤務に切り替える人が増えて久しい。その影響でシドニーの中央商業地区(CBD)ではオフィスや賃貸住宅の需要が低迷し、サービス産業や小売り業界は大打撃を受けている。

言い換えれば、これらのサービス需要が郊外に流れているということだ。先日、髪を切りに行ったシドニー北部の美容院のオーナー女性にコロナの影響について聞いてみると、客層がガラリと変わったとか。これまで平日にオフィス街で髪を切っていた会社員が地元の美容院に通い始める一方で、高齢者施設内の散髪サービスを嫌がって彼女の所に通っていた高齢者たちが、コロナを機に来店を止めたという。

ただ、先が読めない不安は場所を問わずどこも同じ。オーナー女性は厳しい経営環境を生き残った喜びよりも、コロナが収束した後にどうなるか不安を抱いているようだった。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】介護保険について(10/27)

メルボルン、28日から飲食店営業可 VIC州が急きょ緩和(10/27)

駐日豪大使にジャン・アダムズ氏、豪外相発表(10/27)

低排出技術の促進で提携、オーストラリアと(10/27)

ANA、シドニー週5便を2月1日まで延長(10/27)

カンタス国内線、Xマス前に50%まで回復へ(10/27)

州経済TASが1位維持、コロナ抑制州が好調(10/27)

豪旅行業界、キャンセル全額返金必要なし(10/27)

コロナからの回復策に法人税減税を=IMF(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン