• 印刷する

テイクオフ:「いつになったら再会で…

「いつになったら再会できるのか……」。タイ最北端のチェンライ県に暮らすカレン族の中年女性は、ツアーガイドに娘の所在を問われると、機織りをしていた手を止め、浮かない顔でつぶやいた。

首に巻いたリングが特徴的なカレン族は、ミャンマーから戦火を逃れてきた難民とされる。数カ月前に故郷での伝統行事に合わせて多くが帰省したが、新型コロナウイルスの感染拡大により国境が閉鎖され、タイに戻ってこられなくなったという。冒頭の女性は夫とチェンライに残り、娘だけ帰省させたところ、離ればなれになってしまったというわけだ。

川を隔てて3カ国が接するゴールデントライアングルに行けば、対岸にミャンマーとラオスが見える。小舟でもすぐに渡れそうな距離だが、目に見えないウイルスによって作られた壁は川よりも大きく、3カ国が互いに近くて遠い国となってしまった。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EUとのFTA交渉再開模索 大手賛成、農家・保健当局は反対(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

3空港高速鉄道、来年3月の着工目指す(09/25)

コンケンの軽量軌道鉄道、韓国が開発を支援(09/25)

KTとタイ地場、データセンター事業で提携(09/25)

海運トレセン、エンジニアリングの合弁会社(09/25)

STCコンクリート、需要拡大で2桁増収へ(09/25)

住宅ローン却下率50%に上昇=不動産協会(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン