• 印刷する

オークランド封鎖維持、飛行機規制は解除

ニュージーランド(NZ)のアーダン首相は14日、最大都市オークランド都市圏で実施しているレベル2.5のロックダウン(都市封鎖)について、当初期限としていた16日から23日まで延長すると発表した。オークランド都市圏以外の全国については、21日までレベル2の社会的距離規制を維持し、22日からレベル1の規制に移行する。また14日から飛行機やバスの搭乗者数規制が解除された。NZヘラルドなどが伝えた。

NZでは新型コロナウイルスの新規感染者は、14日午後1時までの24時間に1人だったが、アーダン首相ら閣僚は保健省のブルームフィールド長官の助言を基に閣議で延長を決定した。

オークランドは8月31日からレベル2.5のロックダウンを継続しており、屋内外で集まれる人数が最大10人に制限されている。ただし、葬式については50人までの参列が可能だ。

一方、オークランド都市圏以外のNZ全土では、現在最大100人が屋内外で集合できる。レベル1に移行した場合、集合人数の制限がなくなり、海外渡航制限以外の規制がなくなる。

アーダン政権は21日に閣議を開き、オークランド都市圏の規制を検討する予定だ。

■「飛行機利用のマスク着用は義務」

アーダン首相は、14日から飛行機やバスなどの公共交通機関の社会的距離規制を緩和すると発表した。これにより、搭乗者や乗車数の制限が撤廃される。ただ、アーダン首相は、いずれの交通手段も利用者のマスク着用は義務だと強調した。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に行ったことがない…(09/21)

豪州、外国投資審査料引上げへ 管理コスト上昇を反映(09/21)

豪の新外資規制、不動産業界から反発(09/21)

中国系不動産企、シドニーに超高層ビル計画(09/21)

〔政治スポットライト〕日米豪印、外相会談の10月東京開催で調整(09/21)

米物流UPS、ベトナムに貨物便運航(09/21)

印大手がDJsに食指か、親会社は売却否定(09/21)

今年のXマス商戦、マスク着用と人数制限下か(09/21)

NSWスタジアム観客上限、10月から引上げ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン