政府系カガマス、初回住宅融資の増加に期待

マレーシアの政府系金融機関カガマスは、住宅の初回購入(SRP)向けローンの融資額が来年には126億リンギ(約3,220億円)に達するとの見通しを示した。10日にオンラインでの申請が可能になったことで、昨年末時点の90億リンギから大幅に増加する見通しだ。11日付スターなどが伝…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:活動制限令の緩和に伴っ…(09/23)

3Q企業景況感は初の50割れ 返済猶予など中小支援の延長必要(09/23)

制限令後に転職希望増加、JACがセミナー(09/23)

RM1=25.3円、$1=4.14RM(22日)(09/23)

隣国で1.5万人以上のマレーシア人が失職(09/23)

コロナ対策の臨時措置法案、上院通過(09/23)

半導体連盟、マレーシア業界団体と提携へ(09/23)

21年の財政赤字、対GDP比4~6%と予想(09/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(7月) 3カ国でマイナス成長(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン