首都の制限再び、日系も動揺 14日から、緩和は打ち切り

インドネシアの首都ジャカルタ特別州は14日から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「大規模な社会的制限(PSBB)」を再び発動し、行動規制を強める。制限を段階的に緩和する6月初旬からの移行期間は打ち切る。感染対策を導入して「ニューノーマル(新常態)」に適応し始…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りサービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍でオンライン形…(10/22)

大人用紙おむつ3割増強 ユニ・チャーム、10億円投資(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

ソーシャルメディアの制限強化へ、偽情報で(10/22)

コロナ対策は現状継続、景気・死亡率穏やか(10/22)

新興企業への投資、大型投資は減少傾向(10/22)

雇用創出法の細則40本準備、労組は協議拒否(10/22)

政府系投資会社、来年1月に設立へ(10/22)

AMTの暁星TNS、米ロ向けなど輸出好調(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン