《知財》観光地のコピー商品販売、コロナ禍で半減

タイ商務省知的財産局(DIP)のトサポン局長は、バンコクの繁華街や地方の観光都市で販売されているコピー商品の流通量が、従来比で50%以上減少しているとの見方を示した。新型コロナウイルス感染症の流行で外国人旅行者が激減しているためだが、インターネット上での販売増加…

関連国・地域: タイ
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

生活費補助第2弾、募集開始9分で定員到達(01/22)

香港とタイ、ファンド相互承認で覚書(01/22)

BMW、「5シリーズ」の新型モデル発売(01/22)

レッドラインの運賃、14~42バーツに設定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン