• 印刷する

鴻海とマイクロソフト、特許訴訟で和解

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界大手の鴻海精密工業と米マイクロソフトは2日発表した共同声明で、2019年以降争っていた特許のライセンス使用料を巡る訴訟問題について、和解したと発表した。2社は今後、新たな協力関係の構築を進める。3日付経済日報などが伝えた。

マイクロソフトの広報担当者は「双方の利益を考慮し、鴻海とは建設的な関係を再構築する」とコメント。2社は米カリフォルニア州サンノゼ地裁に対し、全ての訴訟を取り下げる内容の文書を提出したという。

マイクロソフトと鴻海の中国子会社である富士康科技集団(広東省深セン市、フォックスコン)は13年、特許ライセンスに関する契約を締結。しかしマイクロソフトは「富士康が15年以降、特定のマイクロソフト製品に関する特許について年2回の使用状況報告をせず、特許使用料も支払っていない」として、19年3月に鴻海をカリフォルニア州北部地区連邦地裁に提訴した。

■新iPhoneは「全て好調」

鴻海の劉揚偉董事長は2日、同社が受注する米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の第5世代(5G)移動通信システム対応機種の生産状況について、「全て好調」と強調した。

下半期(7~12月)の業況は予想通りに上向いていると述べた。


関連国・地域: 台湾米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の車の様子が最近明…(09/24)

小売・飲食が8月過去最高に 複数の好材料、消費意欲続く(09/24)

20年の半導体生産額、台湾が世界2位へ(09/24)

デルタが欧州市場深耕へ、M&Aを積極化(09/24)

太極能源のSiCウエハー完成、1Q量産へ(09/24)

金万林のコロナ検査キット、米国で供給拡大(09/24)

永冠の風電向け金属製品、30年にシェア2割(09/24)

新光三越台中店、20年の売上高200億元超へ(09/24)

上緯新能源、4GWの洋上風力発電所を開発(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン