• 印刷する

7月のマカオ団体客、4カ月連続ゼロ

マカオ政府統計局は28日、7月にマカオを団体旅行で訪れた旅客はいなかったと発表した。7月は新型コロナウイルスの感染防止策として中国本土の住民に対するマカオ訪問の許可の発給が引き続き停止されたほか、外国からの旅客の入境禁止が継続されたためで、4カ月連続でゼロとなった。1~7月の累計は、前年同期比95.6%減の延べ25万2,800人だった。

マカオ域内にあるホテル(ゲストハウス含む)の7月の平均客室稼働率は前年同月比81.0ポイント低い12.1%。等級別では5つ星ホテルが86.2ポイント低下の7.8%と落ち込みが最大だった。4つ星ホテルは75.6ポイント低下の18.3%、3つ星ホテルは73.4ポイント低下の20.6%となった。

全体の宿泊客数は87.9%減の15万2,000人。中国本土からは5万5,000人(全体の約36%)、香港からは1万1,000人となり、減少幅はともに9割を超えた。一方、一部ホテルで引き続き住民を対象にした宿泊キャンペーンを行ったため、地元客の数は49.5%増の8万1,000人に上った。全体の平均宿泊日数は0.2日増の1.6日だった。

1~7月の宿泊客数は前年同期比75.7%減の198万3,000人、平均客室稼働率は66.4ポイント低下の25.0%となった。

7月に営業したホテル・ゲストハウスの総数は114軒で、前年同月比で5軒減った。利用可能な客室数は9.3%減の3万5,000室だった。医療観察に使われた宿泊施設のデータは今回の統計の数字に含まれていない。


関連国・地域: 香港マカオ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新たに2人の感染確認、累計は5058人(09/25)

域内感染11日ぶりゼロ、流入1人のみ(19:35)

ディズニー2期用地、白紙に 拡張困難、政府が契約更新せず(09/25)

新たに7人の感染確認、累計5056人(09/25)

反落、米株安に追随=香港株式(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

東亜銀行、保険子会社の売却手続きへ(09/25)

アント、香港上場で175億米ドル調達へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン