• 印刷する

グジャラートが産業政策、最大12%の補助金

インド西部グジャラート州政府は29日、オンライン会議で最新の産業振興政策「新産業政策2020」を発表した。大型投資案件の固定資本投資(土地代除く、以下同)に対して最大12%を補助金として支給するほか、中小零細企業(MSME)向けにもローンの利子補給などを実施。国内外から投資誘致を図る。

州政府は、計15種類の「注力分野」と「新興分野」に対しては、特に手厚い優遇を行うと強調した。注力分野は◇電機機械・設備◇産業機械・設備◇自動車&自動車部品◇化学◇農業&食品加工――など9種類、新興分野は◇第4次産業革命(インダストリー4.0)関連の製造業◇電気自動車(EV)とその部品◇ごみ管理事業◇堆肥化可能素材(プラスチックの代替素材)――など6種類。これらの分野の大型投資に対しては、固定資本投資の6~12%を補助金として支給する。一方、注力・新興分野以外の業種の大型投資への補助金支給比率は4~10%となる。

MSME支援では、製造業・サービス業ともに、ローンに対して5~7%の利子補給を行うと発表した。支給額は最大で年間350万ルピー(約504万円)、最長7年間支給。販路拡大も支援する方針で、MSMEが国内外の展示会に出展する際に、出展費用の60%、最大50万ルピーを補助金として支給することも明らかにした。

オンライン会議には、地場複合企業(コングロマリット)ウェルスパン・グループや日用消費財(FMCG)大手ヒンドゥスタン・ユニリーバ(HUL)など、グジャラート州に進出する企業の幹部らも出席した。グジャラートに2カ所の家庭用繊維製品工場を持つウェルスパンのゴエンカ会長は「米国に輸出する全ての家庭用繊維製品をグジャラートで生産している。今後もグジャラートに投資する」とコメント。HULの幹部も同州への投資継続を確約した上で、州政府に対して、医療施設のさらなる充実を求めた。

グジャラート州はモディ首相が州首相を務めた時代に急成長し、乗用車インド最大手のマルチ・スズキをはじめ多くの日本企業が進出している。昨年度(2019年4月~20年3月)の海外直接投資(FDI)流入額は前年度比3.4倍に急拡大し、インドの州・連邦直轄地の中で最大の伸びを示した。地場メディアによると、同州の昨年度のFDI流入額は約4,300億ルピーだった。

グジャラート州のビジャイ・ルパニ首相がオンラインの政策発表会を主催した=29日(NNA撮影)

グジャラート州のビジャイ・ルパニ首相がオンラインの政策発表会を主催した=29日(NNA撮影)


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

今後1年はルピー安基調 収支悪化影響、MUFGセミナー(09/25)

米ハーレー、インドでの生産終了(09/25)

三井物産と日本曹達、農薬企業に出資(09/25)

楽天、印IT大手とネットワーク展開で提携(09/25)

アップルのオンラインストア、23日に開設(09/25)

ホンダ、自動車の仮想ショールーム開設(09/25)

MGモーター、SUV「グロスター」を発表(09/25)

メルセデス、6~8月のネット販売は500台(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン