【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革

電子マニュアルのプラットフォームを開発する新興企業のスタディスト(東京都千代田区)が、新型コロナウイルスの流行を受けて、東南アジア事業を変革している。以前から注力しているタイだけでなく、域内全域を視野に入れながら、顧客ターゲットを絞り込むなどの施策を展開。社内…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールASEAN
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:商業施設や店舗への入場…(10/18)

24年に炭素税引き上げ 詳細は来年公表、増税幅に注目(10/18)

人材開発省、警備2社を過重労働で告発(10/18)

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(10/18)

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(10/18)

家具イケア、3店舗目開業で21%増収(10/18)

テマセク、ディープテックに年10億ドル投資(10/18)

電力小売市場、事業者の撤退相次ぐ(10/18)

9月の民間住宅販売、感染対策強化で大幅減(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン