• 印刷する

首都知事、高速道に自転車専用車線を提案

ジャカルタ特別州は、日曜日に高速道路の一部を自転車専用車線とすることを検討している(アンタラ通信)

ジャカルタ特別州は、日曜日に高速道路の一部を自転車専用車線とすることを検討している(アンタラ通信)

インドネシア首都ジャカルタ特別州運輸局は、同州のアニス・バスウェダン知事がバスキ公共事業・国民住宅相に対し、ジャカルタ市内高速道路の一部区間に、毎週日曜日の午前6~9時限定で自転車専用車線を設置するよう提案していることを明らかにした。27日付リパブリカとコラン・テンポなどが伝えた。

シャフリン運輸局長によると、アニス知事は11日付でバスキ公共事業・国民住宅相に書簡を送付。ジャカルタ市内高速道路の東ジャカルタ・チャワン―北ジャカルタ・タンジュンプリオク区間のうち、東ジャカルタ・クボンナナスから北ジャカルタ・タンジュンプリオクに向かう全長10~12キロメートルの区間に、高速走行が可能なロードバイクに限定した専用車線を設置するよう求めた。安全を考慮し、同時間帯の自動車通行止めやコーンの設置などを検討する。

公共事業・国民住宅省の高速道路統制庁(BPJT)のダナン長官は「首都政府からの提案を協議している。首都で日曜日に目抜き通りを歩行者に開放する『カーフリーデー』やバリ州の高速道路で行われるマラソン大会と同様の扱いになる」と述べた。

一方で一部の州議会議員は、法令に抵触することなどを理由に州政府の提案に反対している。

自転車通勤を促進する団体「バイク・トゥ・ワーク(B2W)インドネシア」の共同創始者、トト・スギト氏は「首都政府は主要道路に自転車専用道路を既に設置しており、高速道路に追加する必要はない。安全面の問題から、自動車が通行止めとなる場合に限り賛成する」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

首都の行動制限、10月11日まで延長(09/25)

インドネシア死者1万超、東南アジア初(09/25)

トヨタ、全国規模のバーチャル展示会(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

ライオン航空、リース料滞納で訴訟に(09/25)

タクシー最大手、配車アプリで宅配も(09/25)

布マスクの国内基準制定、2層以上に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン