• 印刷する

現代グロービス、ロボ配送サービスを開発

韓国・現代自動車グループの物流会社、現代グロービスは26日、地場系ロボット開発会社のトゥイニーとロボットを活用した生活物流サービスの開発で協力すると発表した。

現代グロービスは、トゥイニーのロボットを活用した配送プラットフォームを構築する。利用者はスマートフォンアプリで配送場所と時間を指定できるほか、配達時には簡単な認証を経て受領する仕組みという。

トゥイニーは独自開発したロボットの商用化を推進しており、複雑な屋内環境でもロボットが自らの位置を把握して目的地まで運搬する技術を保有している。

現代グロービスは、2021年上半期に移転する新社屋で、社員を対象にロボットを活用した配送サービスを開始する計画だ。宅配や郵便物配送のほか、社屋内にあるカフェからの飲み物のデリバリーにも対応する。ロボットには最大60キログラムまで積載が可能。

両社は新社屋内での技術検証や事業性の検討を経て、マンションやオフィスなどにもサービス領域を拡大する方針だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、3日連続で100人超え(10:50)

【ウィズコロナ】「非対面」で代行ロボ続々 出前やホテルで導入、日韓協業も(09/25)

新型コロナ感染、2日連続で100人超え(09/25)

韓国オーディオ製造、越法人の財務改善へ(09/25)

政府が事業転換支援、サムスンDも対象に(09/25)

コンケンの軽量軌道鉄道、韓国が開発を支援(09/25)

KTとタイ地場、データセンター事業で提携(09/25)

韓国CSベアリング、越生産を増強(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン