• 印刷する

映画館の営業再開へ、鑑賞者の年齢は制限

ジャカルタ州政府は近く映画館の営業再開に関する規定を公布する(アンタラ通信)

ジャカルタ州政府は近く映画館の営業再開に関する規定を公布する(アンタラ通信)

インドネシアの新型コロナ対策本部(タスクフォース)は26日、国内の映画館の営業再開を認めると発表した。具体的な時期は各地方政府と協議して決定する。ただし新型コロナウイルスの感染防止のため、12歳以下と60歳以上の鑑賞は禁止する。

タスクフォースのウィク・アディサスミト報道官は、感染の懸念や経済状況、長らく娯楽が制限されていることによる住民への精神的な負担などを考慮して映画館の営業再開を決定したと説明。客同士の間隔を1.5メートル以上離す、館内で不要な会話をしない、チケットはオンラインで売買するなどの衛生規律を順守することを求めた。

首都ジャカルタ特別州のアニス知事は同日、映画館の営業を再開するための規定を近く公布すると説明。「映画鑑賞中は会話することもないため、他の娯楽に比べると感染リスクが低い」との自身の考えを示した。ただし、「衛生規律が順守されていない映画館には再び営業停止を求める」と強調した。

ジャカルタでは、州政府が新型コロナの「災害緊急対応」状態に入ったと宣言した3月下旬から5カ月以上、映画館の営業が停止されている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

首都の行動制限、10月11日まで延長(09/25)

インドネシア死者1万超、東南アジア初(09/25)

トヨタ、全国規模のバーチャル展示会(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

ライオン航空、リース料滞納で訴訟に(09/25)

タクシー最大手、配車アプリで宅配も(09/25)

布マスクの国内基準制定、2層以上に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン