• 印刷する

バーガーキング、南昌の6店舗に罰金91万元

江西省南昌市市場監督管理局(市場監管局)は25日、米ファストフードチェーンのバーガーキングが同市で展開する6店舗に計91万6,500元(約1,410万円)の罰金を科すと明らかにした。幹部らには計281万6,000元の罰金を科す。期限切れ食材を使用したことなどが確認されたため。新京報(電子版)が25日伝えた。

中国のテレビ局は7月、消費者保護をテーマとする特別番組の中で、バーガーキングを取り上げた。南昌市の店舗で期限切れのパンの品質保証期限シールを店員が貼り替えて使用したり、調理過程でトマトやチーズなどの材料を規定より減らしたりしていると報道。同番組を受け、市場監管局が調査に乗り出していた。


関連国・地域: 中国-江西
関連業種: サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:来週から始まる国慶節の…(09/21)

外資ブラックリスト規定発表 米の中国ITサービス制限に対抗か(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

9月の乗用車販売は8%増、業界団体予測(09/21)

電気利用手続き簡素化、1300億元の負担軽減(09/21)

中国系不動産企、シドニーに超高層ビル計画(09/21)

域内経済回復へ政策、日中韓ASEAN財務相(09/21)

〔政治スポットライト〕日米豪印、外相会談の10月東京開催で調整(09/21)

相互が台湾工場閉鎖、華為の米制裁響く(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン