• 印刷する

電子・非接触決済、有料道路に義務化

フィリピン運輸省は24日、新型コロナウイルス対策の一環として、有料道路の運営事業者に電子決済または非接触決済の導入を義務付けると発表した。現金のやりとりをなくすことで感染リスクを抑えるほか、料金所での渋滞を減らす狙い。

対象となるのは、南部ルソン高速道路(SLEX)、マニラ・カビテ高速道路(CAVITEX)、北部ルソン高速道路(NLEX)、マニラ首都圏の高速道路「スカイウエー」、南部タガログ幹線道路(STAR)、中部ルソン高速道路(SCTEX)、カビテ・ラグナ高速道路(CALAX)。

関係機関は3カ月以内に、電子・非接触決済の導入に向けた準備を進めることが求められる。道路料金統制委員会(TRB)は決済の電子化に当たり、有料道路の運営事業者に課す規制や規則の策定、陸運局(LTO)は具体的な導入方法に関して調査する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンの有名観光地…(09/23)

有料道徴収、21年電子化 運営大手、互換性なく遅れ(09/23)

コロナ感染新たに1635人、計29万1789人(09/23)

PCR検査安く、政府が病院リスト公開(09/23)

マクロアジア、空港拡張で書類提出遅れ(09/23)

中小零細企業の倒産減少、8~9月は6%(09/23)

半導体連盟、マレーシア業界団体と提携へ(09/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(7月) 3カ国でマイナス成長(09/23)

地方自治体、財政リスク直面の恐れ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン