原発推進、27年にも稼働 東南ア初、法整備など課題

フィリピン政府は、原子力の安全利用に向けた事業化調査を進め、早ければ2027年にも東南アジア初となる原発の稼働を目指す。人口増加に伴う電力需要の拡大に対応するとともに、発電燃料の半分を占める石炭依存からの脱却を図る。ただ資金調達や法整備など課題が山積しており、稼働…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/25)

政府、成長率見通し引き下げ 22年7.0~8.0%、米利上げを警戒(05/25)

大統領、次期政権は「原発活用を」(05/25)

ビコール地域、最低賃金1日55ペソ上げ(05/25)

オミクロン派生型、外出制限の厳格化不要(05/25)

外国商議所、RCEP早期批准を要請(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

IT機器販売アプソン、上場を申請(05/25)

ジョリビー会長ら、投資サービス立ち上げ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン