• 印刷する

工業不動産市場、需要回復見込めず

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、国内の工業不動産市場について、中期的に需要の大きな回復は見込めないとの見解を示した。企業の事業拡大が限定的となり、海外からの投資も減少するためとしている。24日付ビジネスミラーが伝えた。

同社によると、企業の間では依然として新規の工業団地よりも既存の工業団地を好む傾向が強いという。ラグナ州の「ラグナ・テクノパーク(LTI)」やカビテ州の「カビテ・テクノパーク」などは、引き続き需要が堅調という。

ALIは今後、収益基盤の多様化を進めつつも、大規模な複合型工業団地の開発を主軸に事業を進める方針。現在も中部ルソン地域で新たな工業団地の開発を検討しており、完成すれば中国企業の入居が見込まれるとしている。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「環境に配慮した持続可…(10/21)

接種拡大、1日150万回目指す 未成年も対象に、日本は追加供与(10/21)

新型コロナ、新たに3656人感染(10/21)

未成年と高齢者、条件付きで外出可能に(10/21)

9月輸入車販売12%減、3カ月連続前年割れ(10/21)

〔ミ島通信〕鉄道事業第1期、コンサル契約(10/21)

与党総裁、大統領長女サラ氏の出馬「ない」(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン