• 印刷する

トルコとFTA締結推進、貿易額3倍へ

フィリピン貿易産業省は、トルコ政府と自由貿易協定(FTA)締結に向け交渉を推進することで合意したと明らかにした。貿易額を現状の2~3倍に拡大することを目指す。20日付マニラブレティンなどが伝えた。

同省のロドルフォ次官補は18日開いた両国間のフォーラムで、FTA締結に向けた第一歩として、まずは特恵貿易協定(PTA)の締結交渉を進めると説明した。「アジア、特にASEANの中での優先的パートナーになりたい」と話した。

トルコ貿易省のゴンジャ・ユルマズ・バトゥル副大臣は、取引可能な商品やサービスの拡大により両国の貿易額を現在の2億6,000万米ドル(約275億8,000万円)から2~3倍に増やす必要があると指摘。「近い将来、5億米ドルの目標を達成したい」と述べた。

トルコ側はトルコ企業が建設などの請負で、中国に次ぐ世界第2位の大国であると指摘。フィリピン政府が推進する大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」へのトルコ企業の参画をフィリピン側へ要請した。一方、ロドルフォ次官補は、医薬品やその他製造品の投資などを求めた。


関連国・地域: フィリピンアジア
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

イベント開催一部容認、安全対応も必要に(12/04)

コロナ感染新たに934人、計43万6345人(21:46)

20年GDP9.5%減に下げ 政府予測、コロナの影響深刻(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

コロナ感染新たに1061人、計43万5413人(12/04)

10月の失業率8.7%、一段と改善(12/04)

マニラ首都圏、子どものモール入館認めず(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン