• 印刷する

日本支援の医療機材、第1陣が到着

日本の無償資金協力による医療機材の引き渡し式に参加した両国の政府幹部=15日、ヤンゴン(NNA)

日本の無償資金協力による医療機材の引き渡し式に参加した両国の政府幹部=15日、ヤンゴン(NNA)

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に伴い、日本政府がミャンマー政府に提供する無償資金協力による医療機材の第1陣が15日、最大都市ヤンゴンの国際空港に到着した。

日本政府は6月、医療システムが脆弱(ぜいじゃく)な後発新興国のミャンマー、カンボジア、ラオスに合計55億円の無償資金協力を行うと発表した。ミャンマー分は20億円。

今回はシンガポール経由の貨物便で、集中治療室(ICU)用のベッド、静脈注射を行う際に使うシリンジポンプなどを空輸した。

ミャンマー政府はこのほか、X線の撮影装置、遠隔地での移動式医療設備などを求めており、今後、数回にわたり運ばれる見通しだ。

空港では丸山市郎・駐ミャンマー日本大使、ミャンマー保健・スポーツ省のゾー・タン・トゥン医学研究局長らが参加し、機材の引き渡し式が行われた。

ミャンマーなどは、新型コロナの感染拡大が世界的に続く中で医療システムの拡充を急いでおり、中国や韓国も支援外交を行っている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

国軍、連邦政府相に和平交渉委のトップ任命(13:27)

「働いていない」4人に1人 政変で7割が収入減、食事減らす(05/12)

クーデター100日、Z世代「3本指」掲げ行進(05/12)

10日までの弾圧犠牲者は781人、1人増加(05/12)

貧困が深刻化、新型コロナとクーデターで(05/12)

民主派政府、独自の教育制度の創設準備(05/12)

記者らがタイで逮捕、強制送還の回避を要請(05/12)

民族勢力トップ、武力行使の停止呼び掛け(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン