CATL、航続距離800キロの技術開発へ

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)は12日、シャシーと電池を一体化する新技術を用いて、電気自動車(EV)の航続距離を800キロメートル超とする研究に取り組んでいると明らかにした。 ITニュースサイトのテックウェブが海外メディアを引用して13日伝…

関連国・地域: 中国-福建欧州
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

タイ中高速鉄道の建設5契約、来年初め着工(16:34)

ワクチンのコールドチェーン、97%完成(16:49)

スマホ難民の高齢者を救済へ 現金拒否は禁止、2.5億人に配慮(11/27)

華為、台湾企業からの部品調達を再開か(11/27)

中国MG、ステーションワゴンのEV発表(11/27)

21年の祝日発表、春節連休は2月11日から(11/27)

MGモーター、政府のEV走行実験に参加(11/27)

廃棄物の輸入を全面禁止、中央4省庁が通知(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン