• 印刷する

NECとパーソル、技術者採用で実証実験

NECと人材サービスを手掛けるパーソルキャリア(東京都千代田区)は13日、外国人ITエンジニアの採用を検討する企業向けの「ダイレクトリクルーティングサービス」の提供に向けて、インド在住のITエンジニアと日本企業を対象に実証実験を開始すると発表した。

GMOインターネット(東京都渋谷区)やワイヤードビーンズ(仙台市)など日本企業計6社が、2020年8~10月の3カ月間でインド在住の技術者の採用活動を行い、サービスを検証する。

転職希望のインド在住の技術者は事前にオンラインでITスキルテストを受け、スマートフォンアプリと連動可能なスキル証明書を発行する。技術者はまず、アプリでスキル証明書を含む「個人を特定できない範囲」のレジュメ情報を開示。スカウトされた後に、職歴といった個人情報を企業に開示できる仕組みとなっている。この仕組みを通じて、企業は情報プラットフォームでスキルに専念して選考を行えるほか、スキル証明書による能力の担保から、採用後の人材ミスマッチを防ぐことができると期待する。

実証実験を通じて、日本での就労を希望するインドのIT技術者の需要を調査するほか、求人企業の採用負担の削減効果やプログラミングスキルチェックの妥当性を検証する。

NECの広報担当者は「自社開発したブロックチェーン技術などをアプリに搭載するため、転職希望者が個人情報の閲覧相手や範囲を自主的にコントロールできるのが特長」と説明し、「(ブロックチェーンは)フィンテックなど金融を中心に活用していた技術だが、採用活動のオンライン化が進む中、情報流出・改ざんを防ぐ信頼性の高い求人サービスを提供する上でも、需要が高まっている」と話した。

NECは20年度中にインドでダイレクトリクルーティングサービスの提供を開始する予定。広報担当者は「サービス開始から3年間でインド人2,000人の採用を目指す」考えを示した。将来は、アジア太平洋地域や欧州への展開も視野に入れるという。

実証実験ではNECはアプリやプラットフォームの開発、サービスの提供・運営を担い、パーソルキャリアは求人関連ノウハウの提供や求人企業の募集を行う。ITスキルテストは、インドや米国に拠点を持つソフトウエア開発企業ハッカーアースが提供する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

今後1年はルピー安基調 収支悪化影響、MUFGセミナー(09/25)

米ハーレー、インドでの生産終了(09/25)

三井物産と日本曹達、農薬企業に出資(09/25)

楽天、印IT大手とネットワーク展開で提携(09/25)

アップルのオンラインストア、23日に開設(09/25)

ホンダ、自動車の仮想ショールーム開設(09/25)

MGモーター、SUV「グロスター」を発表(09/25)

メルセデス、6~8月のネット販売は500台(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン