19年の外資撤退3倍増、日系が最多に

2019年の1年間に韓国から撤退した外資系企業が前年の約3倍規模の173社に達したことが13日分かった。撤退企業を国籍・地域別でみると、日系が最も多い45社だった。政府系シンクタンクの産業研究院は「経営悪化や本社の戦略の変化が原因」と分析している。 韓国国会立法調査処が1…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、4日ぶり100人超え(17:45)

国内初の廃棄物発電所、年末に稼働時期遅延(22:04)

テイクオフ:「業務過多で、同僚がい…(09/23)

現代自、11年ぶり賃金凍結 「労働貴族」もコロナ禍を考慮(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

8月のスマホ販売46万台、前月比17%減(09/23)

新型コロナ感染、3日連続で100人以下(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン