• 印刷する

1千社が人員整理、今月入り1.6万人解雇

フィリピン労働雇用省によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、8月1~9日の間に1万6,134人が解雇された。解雇を実施した企業は1,000社近くに上る。12日付インクワイラーが伝えた。

同期間に解雇を実施したのは944社。事業の閉鎖や縮小を迫られ、人員整理を余儀なくされた。1日当たりの解雇者は1,792人で、今年最悪だった6月の1,686人を上回った。

コロナ禍の影響による解雇者は累計で7,759社の15万7,705人となった。地域別では、マニラ首都圏が7万5,178人、南部タガログA(カラバルソン)が3万2,421人、中部ルソンが1万7,368人など。

4日から首都圏と近隣州で外出・移動制限が再び厳格化されたため、さらに解雇者が増える恐れがある。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(21:56)

新型コロナ感染者、2日連続ゼロ(18:40)

テイクオフ:フィリピンの有名観光地…(09/23)

有料道徴収、21年電子化 運営大手、互換性なく遅れ(09/23)

コロナ感染新たに1635人、計29万1789人(09/23)

PCR検査安く、政府が病院リスト公開(09/23)

マクロアジア、空港拡張で書類提出遅れ(09/23)

中小零細企業の倒産減少、8~9月は6%(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン