中国企業の香港重複上場加速 年内最大9社、米中対立激化で

米国に上場する中国企業の香港取引所(HKEX)への重複上場の動きが勢いを増している。米中対立の激化で米国が中国企業を締め出す姿勢を強めていることが背景にある。ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する中国教育サービス最大手、新東方教育科技集団(北京市)を含む…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:発生当時は大騒ぎになっ…(01/28)

中小景況感、昨年末に腰折れ コロナ4波影響、改善に時間(01/28)

油麻地封鎖、330人検査し陽性1人(01/28)

新たに60人感染、域内で57人=計1万282人(01/28)

本土に拠点置く製造業の役割強調、工業総会(01/28)

大湾区移住、低賃金や高税率を懸念=嶺南大(01/28)

小幅続落、ハイテク株の下げ続く=香港株式(01/28)

証券5社に12口座の凍結を指示、当局(01/28)

東亜銀、大湾区部門責任者に盧永欣氏(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン