• 印刷する

トヨタ、7月の販売28%減の5307台

トヨタ・ベトナム(TMV)が11日に発表した2020年7月の販売台数(レクサス除く)は、前年同月比28%減の5,307台だった。モデル別で主力の小型セダン「ヴィオス」と小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ラッシュ」は伸びたが、他は軒並み低迷した。

モデル別では、ヴィオスが17%増の2,811台と全体の5割以上を占めた。SUV「フォーチュナー」が56%減の524台、セダン「カムリ」が34%減の448台、多目的車(MPV)「イノーバ」が59%減の431台、ラッシュが2.8倍の325台で続いた。

部品を輸入して現地で組み立てる完全ノックダウン(CKD)は計3,709台、輸入した完成車(CBU)は1,598台だった。レクサス車は7月が155台で、累計では6,900台となった。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(21:56)

【コロナを超えて】ヤマト、提案力で供給網確保 非接触の引っ越しなど新たな挑戦(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

北部高速の道路連絡拡張、運輸省が予算要請(09/23)

ザインコイ、中部と南部で相次ぎ不動産買収(09/23)

LGの越法人、家電販売好調で売上大幅増加(09/23)

テーゾイジードン、1~8月は増収減益(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン