• 印刷する

豪小売り2社、豪NZ政府の補助金で黒字

オーストラリアの家具・寝具販売のアデアーズ(Adairs)と家具販売大手ニック・スカリー・ファニチャーは、オーストラリアとニュージーランド(NZ)の両国政府から給与補助金を受給しつつ黒字を維持した。アデアーズの2019/20年度(6月期)決算は純利益が3,530万豪ドル(約27億円)と前年度比19%増で、ニック・スカリーは横ばいだったが4,200万豪ドルの純利益と黒字を維持した。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

アデアーズとニック・スカリーは、オーストラリアとNZの両国で事業を展開している。オーストラリア連邦政府とNZ政府は、新型コロナウイルスの感染で打撃を受けた企業に対して、売上高の減少などの基準を満たす場合、同名の給与補助政策「ジョブキーパー」を通じて支援を行っている。

アデアーズとニック・スカリーが両国政府から受けた給与補助金の総額は、3~6月にそれぞれ1,130万豪ドルと390万豪ドルだった。

一方、オーストラリアの最大野党労働党は、アデアーズとニック・スカリーが株主への配当支払いを行うとしたことについて、政府補助金を社会に還元するべきだと批判した。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:歯科医院から電話が来た…(09/30)

「日本からの入国、家隔離可」 豪首相が規制緩和で発言(09/30)

WA州、NSW州とVIC州からの入境再開(09/30)

豪政府、官民のデジタル化に8億$拠出(09/30)

豪黒字化まで10年か、負債増でも拠出拡大を(09/30)

〔政治スポットライト〕日米豪印外相会合、10月6日開催決定(09/30)

豪の送金新興企、アトラシアン創業者が投資(09/30)

豪アマゾン、10月のプライムデーに自信(09/30)

廃棄物クリーナウェイ、賃金をさかのぼり削減(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン