• 印刷する

裾野産業の発展促進策、政府が目標設定

ベトナムのグエン・スアン・フック首相はこのほど、裾野産業発展促進策を盛り込んだ政府決議115号(115/NQ/CP)を公布した。地場企業や外資企業に部材を供給する裾野産業分野の企業の設立数について目標を設定している。8日付ダウトゥ電子版が報じた。

決議は目標として、2025年までに◇競争力の高い裾野産業製品を生産可能な地場企業が国内の生産・消費需要の45%を満たし、全工業生産額の11%程度を占めること◇国内で組み立て生産を行う企業(多国籍企業を含む)の設立数が1,000社に達し、うち30%を地場企業が占めること――。30年までに◇地場企業が国内の生産・消費需要の70%を満たし、全工業生産額の14%程度を占めること◇多国籍企業を含む組み立て生産企業の設立数が2,000社に達すること――を掲げている。

目標を達成するための方策としては、◇裾野産業と同産業の発展に必要な優先製造業(以下、裾野産業等)に対する特別な政策の実施◇裾野産業等の企業が金融機関で短期融資を受ける際の優遇金利の適用◇同企業が金融機関で中長期融資を受ける際の国による金利補助(最大で年利5%)◇地場企業と外国企業の事業連携の促進◇裾野産業団地の建設――などを挙げている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

【コロナを超えて】鴻池運輸、倉庫で製造業支援 ASEANの物流網でリスク回避(09/25)

ホーチミン市税関、滞留資源ごみ処理を指示(09/25)

韓国オーディオ製造、越法人の財務改善へ(09/25)

韓国CSベアリング、越生産を増強(09/25)

サイゴンテル、ダナンにレンタル工場建設へ(09/25)

仁川ーハノイ路線、ビジネス向け試験運航へ(09/25)

共用オフィスのトゥーン、カンボジア進出へ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン