次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘

トーマス・ラズロ・ヴァイダ次期駐ミャンマー米国大使は、米同上院外交委員会で5日、ミャンマーの改革を支援し、同国を「悪意ある外国の影響」から守る必要があると証言した。具体的な国名は出さなかったものの、中国を念頭に置いた発言とみられる。電子メディアのイラワジが7日…

関連国・地域: 中国ミャンマー米国
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

7月対日輸出はマイナス拡大 衣類の回復止まり、足踏み状態に(09/23)

第2波で経済成長予測下回る恐れ、フィッチ(09/23)

新規感染が665人、累計6千人超え=22日朝(09/23)

スー・チー氏、国民に「忍耐」呼び掛け(09/23)

軽症コロナ患者の施設隔離、11日に短縮(09/23)

運輸省、物流会社社員の出勤認めるよう要請(09/23)

AYA銀、ヤンゴンの43支店を一時閉鎖(09/23)

ヤンゴン環状線、朝夕のラッシュ時のみ運行(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン