• 印刷する

デリー政府、電動車の普及促進策を発表

インドのデリー首都圏政府(州政府に相当)は7日、独自の電動車両の普及促進策を発表した。同政府のケジリワル首相によると、雇用創出を通じて首都圏の経済を底上げしつつ、大気汚染を緩和することが目的だ。ライブミント(電子版)が伝えた。

施策は「デリー電気自動車(EV)政策」と呼ばれ、二輪車や三輪車で最大3万ルピー(約4万2,400円)、乗用車で同15万ルピーを購入時に補助するほか、車両登録料と道路税を免除するのが柱。新車登録に電動車両が占める比率は、2024年時点の25%が目標となる。目標の実現に向け、同政府は専門の対策室や評議会を立ち上げるという。

インドでは、中央政府も電動車両の普及促進策を実施している。首都圏政府によると、電動車両の購入者は両施策の優遇措置を併用することが可能。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

道路投資キューブ、インドの高速道会社買収(20:03)

テイクオフ:インドやスリランカなど…(09/23)

航空業界86%減収 4~6月、各社資金難続く(09/23)

タタ自、「ティアゴ」出荷台数が30万台突破(09/23)

タタ自、ネクソンEVでサブスク開始(09/23)

テスラ、ベンガルールに研究拠点設置か(09/23)

地場ゲーセンのスマッシュ、コロナ禍で閉業(09/23)

インドからモルディブへ、貨物フェリー就航(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン