• 印刷する

テイクオフ:営業を再開して3カ月が…

営業を再開して3カ月がたった上海ディズニーランドを訪れた。入園時の検温や健康状態を示す「健康コード」のチェックといった新型コロナウイルス対策は続けているものの、再開当初の「厳重警戒」感は薄れつつある。

世界でいち早く営業を再開し、感染対策を徹底している上海ディズニーへの信頼の表れだろうか。「密」を防ぐために地面に貼られた「ソーシャルディスタンスシール」はほとんどの人が素通り。マスクなしで園内を歩く人も多い。

ただ、小さな変化もあった。いくつかの人気アトラクションは完全予約制になった。いまだ営業を停止しているレストランもちらほら。キャラクターとの写真撮影はいまも、再開されていない。

夏休みシーズンを迎え、観光地には徐々にかつての活気が戻り始めた。でもいつかやってくるコロナ終息の日まで、油断は禁物。観光地も手探りが続く。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

奈雪の茶、大阪から日本攻略 1年半で黒字化へ、来春東京出店(09/25)

長城汽車、電動車など生産へ735億円を投資(09/25)

ANAとJAL、中国路線を一部再開(09/25)

順法企業は心配無用、ブラックリストで政府(09/25)

HSBC中国撤退も、シティがリスクを指摘(09/25)

上場企業のインサイダー取引、罰則を強化へ(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

国有企業の利益、1~8月は24.2%減(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン