不動産キャピタランド、1~6月は89%減益

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドが7日発表した2020年1~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比89%減の9,661万Sドル(約74億5,600万円)となり、大幅な減益を記録した。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的流行)が響いた。 売上高は5%減の…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー資金は少ない=シンガ金融庁(13:13)

テイクオフ:観光名所のひとつである…(02/25)

観光業、21年は緩やかに回復 政府後押し、国際会議にも期待(02/25)

三菱ケミ、アクリル樹脂原料の本社機能集約(02/25)

ダイキアクシス、海外統括会社を増資(02/25)

川崎汽船、LNG燃料供給船の船舶管理開始(02/25)

日本和装、地域統括拠点を設立(02/25)

ECショッピー、メキシコに進出(02/25)

華為技術、アプリ開発支援拠点を開設(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン