• 印刷する

低迷する自動車販売業界、3月比では回復

カンボジアの自動車販売や自動車修理業界が苦境に陥っている。新型コロナウイルスの感染が顕著になった3~4月と比べるとやや持ち直しているが、依然として売り上げは低迷しているようだ。クメール・タイムズ(電子版)が6日に伝えた。

首都プノンペンで修理業を営むPPPオート・カー・リペアーズの幹部は、修理台数が新型コロナ発生前の1日当たり最大12台から、現在は同6台に半減したと報告。修理内容もオイルの交換など簡単な業務が増加したため、売上高は約7割縮小したと明かした。

プノンペンのロシア通りで大手メーカーのショールームを運営する業者は、新型コロナの影響で来場者が激減したとコメント。特に顧客の2~3割を占める外国人居住者の出国により、売上高が低迷しているとの現状を打ち明けた。

ただ3~4月に比べて、経営環境は好転しつつあるようだ。PPPオート・カー・リペアーズは「最悪の時期を脱し、徐々に回復に向かいつつある」と指摘。プノンペンの106通りで中古車を販売する業者も、「買い手がほとんどいなかった3月と比べ、5月からは売り上げが増えてきており、月間販売数は平均10台の水準に戻ってきた」と述べた。

中古車販売業者が懸念するのは中古車価格の上昇だ。トヨタ自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ハイランダー」のV4―2003モデルは6月時点で約1万7,000米ドル(約180万円、輸入税込み)だったが、今月には1万9,000米ドルに上昇する見通しという。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

【カンボジア経済通信】イノベ産業振興、「かえる跳び」狙う 第361回(09/25)

共用オフィスのトゥーン、カンボジア進出へ(09/25)

ポーサットの太陽光発電、試験運用開始(09/24)

中国系企業、南部の鉄鋼加工工場を年内稼働(09/24)

1~7月の対米輸出額、24%増の34億ドル(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン