上期の住宅着工戸数、過去最多の6万戸超

台湾内政部(内政省)によると、2020年上半期(1~6月)の住宅着工戸数は前年同期比12.8%増の6万500戸だった。同期としては過去最多。低金利環境の下で市民の住宅購入意欲が高まっており、不動産開発が加速した。中央通信社などが伝えた。 行政院(内閣)直轄6市は増加幅が大…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

社会住宅、来年1.5万戸開発=住都中心(20:31)

新型コロナ感染者、625人に(20:45)

テイクオフ:冬季に入り、「毛毛雨(…(11/26)

高端がコロナワクチン輸出へ 域内産第1弾、マレーシアに供給(11/26)

コロナワクチン1500万本を確保、指揮中心(11/26)

新型コロナ感染者、623人に(11/26)

鴻海がベトナムに新会社、生産拡大に準備(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン