第1波制圧で総選挙に追い風 「国母」印象付けるスー・チー氏

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るう中、ミャンマーで確認された感染者は9日午前までに359人にとどまる。脆弱(ぜいじゃく)な医療体制から予測された甚大な被害は現時点で発生しておらず、食堂や店舗、職場が次々と再開。最高権力者のアウン・サン・スー・チー国家顧…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー資金は少ない=シンガ金融庁(13:13)

新選管による召集、有力政党が欠席を表明(13:08)

対ミャンマーODA停止へ、政府が検討(12:30)

デモ参加者が死亡、コロナ感染の可能性も(10:07)

「軍のビール」店から消える 消費者に拒否感、不買が拡大(02/25)

ミャンマー外相がタイ訪問、情勢巡り域内協議(02/25)

現地要望受けミャンマー国軍説得、茂木外相(02/25)

ミャンマー軍への非難抑え込み、中国(02/25)

ミャンマーへ1千人超を送還、マレーシア(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン