• 印刷する

7月の香港PMI、44.5に悪化

英調査会社IHSマークイットが5日発表した7月の香港購買担当者指数(PMI、季節調整済み)は44.5で、前月の49.6から5.1ポイント低下した。新型コロナウイルスの感染を抑え込む香港政府の防疫強化策の影響が懸念されたためとみられ、香港民間企業のビジネス環境が急速に悪化したことが裏付けられた。

PMIは、50が景況判断の分かれ目となる。前月は2018年3月以来の高水準だった。

PMIを構成する項目のうち、業務活動量と新規受注量が顕著に低下。調査に応じた多くの企業が、消費マインドの冷え込みで、小売業が最も大きな打撃を受けていると回答。企業はコスト削減のため在庫圧縮に動き、調達規模を縮小した。新規の輸出受注の落ち込みも加速した。

ビジネス信頼感もさらに悪化した。向こう12カ月の業務活動量を悲観する回答の割合は、前月に比べて大幅に上昇。企業は、新型コロナの感染再拡大と経済活動への影響に対する関心が最も高いという。

IHSマークイットのバーナード・アウ首席エコノミストは、「香港の民間経済が明らかに悪化したことが見て取れる」と指摘。雇用水準はおおむね維持されているとしつつ、ビジネス環境が一層悪化した場合、新たな人員整理の波が起きるかどうかに強い関心を持っていると述べた。

今回の調査は7月13~28日、香港の民間企業約400社の購買担当者を対象に実施した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アジアでトップクラスの…(09/24)

雇用補助金を低所得層に還元 スーパー2社、政府要求に応じ(09/24)

現行のコロナ感染防止対策を延長、政府(09/24)

新たに3人の感染確認、3日連続の1桁(09/24)

高リスク地域見直しを、流入症例増で専門家(09/24)

ヘルスケアフォーラムの開催計画、貿発局(09/24)

小幅反発、ハイテク銘柄が支え=香港株式(09/24)

アント、調達目標350億米ドルに引き上げか(09/24)

モックスバンクが正式開業、ネット銀5行目(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン