• 印刷する

大型フィンテックイベント、今年は12月開催

シンガポール金融管理庁は「シンガポール・フィンテック・フェスティバル」の今年の開催内容を発表した(写真は昨年の会場の様子、NNA撮影)

シンガポール金融管理庁は「シンガポール・フィンテック・フェスティバル」の今年の開催内容を発表した(写真は昨年の会場の様子、NNA撮影)

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は3日、世界最大級のフィンテック(ITを活用した金融サービス)・イベント「シンガポール・フィンテック・フェスティバル」の今年の開催内容を発表した。日程は11月から12月に変更。世界各地をネットで結び、24時間参加できる世界初のフィンテック・イベントとする計画だ。

当初は11月9~13日に行う予定だったが、12月7~11日にずらした。昨年に引き続き先端テクノロジー分野のイベント「シンガポール・イノベーション・アンド・テクノロジー週間(SWITCH)」も同時開催する。

新型コロナウイルスの影響で世界的にデジタル化などの技術革新が従来以上に求められている中、フィンテック需要が拡大している。これに伴い、より多くの業界関係者が世界中から集まり新技術・サービスを生み出せるような大型イベントをあらためて開くことにした。

MASのソプネンドゥ・モハンティー最高フィンテック責任者は、「今年は新型コロナの影響を考慮してイベントの見直しを図り、規模を拡大しながら新しいイベントの形を模索した」と述べた。

コロナ下のため、実際のイベントとオンラインイベントを組み合わせた「ハイブリッド・イベント」とする。出展企業が参加者と交流や商談ができるネット空間「オンラインシティー」を提供。ブロックチェーン(分散型台帳)や人工知能(AI)のほか、スマートシティー、医療など幅広い分野の出展者が商品・サービスを紹介する場を用意する。

世界各国・地域で提携先の政府や企業に関連イベントを実際に開いてもらい、オンラインを使って世界中から参加する企画も設ける。国内外の識者の基調講演は、ネットで24時間いつでも視聴できるようにする。初の試みとして、アフリカのフィンテック産業を紹介するイベントも実施する。

会場は当初、東部の大型展示場シンガポール・エキスポを予定していた。開催時期の変更に伴い、シンガポールを含めて国内外で実際のイベントの開催場所を調査中という。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(20:11)

従業員の半数、職場で勤務可能に=追加緩和(21:30)

8月CPIは0.4%低下、5カ月連続マイナス(20:03)

キユーピー、販売会社を新設(21:08)

電子行政サービス、顔認証で利用可能に(20:03)

IBM、AI・サイバー防衛で800人育成(20:03)

道路投資キューブ、インドの高速道会社買収(20:03)

新規感染12人、計5万7639人(23日)(20:03)

テイクオフ:久しぶりにオフィスに出…(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン