• 印刷する

外国人用前払い通信サービス、SKTが開始

韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は2日、プリペイド(前払い)方式の携帯電話サービスの利用が多い外国人を対象に、チャージ制の通信サービス「MIRI」を開始した。

チャージ可能額は1万ウォン(約887円)から最高500万ウォンまで、通信料金だけでなく端末の分割代金や少額決済、コンテンツ利用料などもここから支払うことができる。サービス解約時には残額が払い戻される。10万ウォン以上チャージすれば、スマホ決済の上限が最大60万ウォンとなる。

「114」に電話をかければ、日本語や英語などでの問い合わせも可能だ。

SKTは前払いチャージ制の外国人向けサービス「MIRI」を開始=韓国(写真はイメージ、同社提供)

SKTは前払いチャージ制の外国人向けサービス「MIRI」を開始=韓国(写真はイメージ、同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:細いまっすぐな茎に真っ…(09/24)

2次緊急支援金の支給開始 5700億円規模、申請翌日に受取り(09/24)

新型コロナ感染、4日ぶり100人超え(09/24)

タインコン、自動車裾野産業区を着工(09/24)

LG電子が3日間自宅勤務、コロナ感染で(09/24)

現代自の越工場3交代制に、増産方針(09/24)

韓国でコロナ訴訟相次ぐ、自治体が責任追及(09/24)

婚姻件数が過去最低に、コロナが影響(09/24)

国内初の廃棄物発電所、年末に稼働時期遅延(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン