• 印刷する

SKイノ、ノーベル受賞者と2次電池開発へ

韓国石油化学大手のSKイノベーションは7月30日、2019年のノーベル化学賞を受賞したジョン・グッドイナフ教授が在籍する米テキサス大学と、金属リチウム電池に用いる「固体電解質」の共同研究を行うと発表した。

金属リチウム電池など、液体を使わない「全固体電池」はエネルギー密度が高く、電気自動車(EV)への応用が期待されている。ただ、金属の負極を用いた2次電池は充電時に負極上に樹状突起(デンドライト)ができて安全性を低下させるため、この問題の解決が急務となっている。

SKイノベーションはテキサス大との固体電解質の共同研究で、デンドライト問題が解消できると期待している。

グッドイナフ教授はリチウムイオン電池の開発で知られ、19年に旭化成の吉野彰・名誉フェローらとノーベル賞を同時受賞。史上最高齢の97歳での受賞も話題となった。

2019年にノーベル化学賞を受賞したジョン・グッドイナフ教授(SKイノベーション提供)

2019年にノーベル化学賞を受賞したジョン・グッドイナフ教授(SKイノベーション提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、23人増の1万4389人(16:59)

ハイテクパトカー、現代自から300台調達(15:34)

テイクオフ:ユーチューブで韓国人が…(08/03)

7月輸出が減少幅一桁に 半導体が堅調、経済成長押し上げ(08/03)

韓国の富栄、首都センソク区の住宅販売開始(08/03)

新型コロナ感染者、30人増の1万4366人(08/03)

現代自の次世代EV電池、SKイノが量産へ(08/03)

錦湖タイヤ、運転資金が差し押さえ(08/03)

電子製造振興策、国内外の22社が参加申請(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン