• 印刷する

エアアジア、首都―スマランなど3路線再開

マレーシア系格安航空会社(LCC)のエアアジア・インドネシアは7月30日、同日から国内線3路線の運航を再開した。

再開したのは、首都ジャカルタ―中ジャワ州スマラン、東ジャワ州スラバヤ―バリ州デンパサール、ジョクジャカルタ特別州―北スマトラ州メダンの各路線。

8月中の運賃は、ジョクジャカルタ―メダン路線が117万9,000ルピア(約8,530円)から、スラバヤ―デンパサール路線が32万1,000ルピアから、ジャカルタ―スマラン路線が36万8,000ルピアからに設定した(いずれも15キログラムまでの荷物預かり料金を含む)。

エアアジアは国内15カ所で、乗客向けに新型コロナウイルスを調べる迅速抗体検査を実施している。

■ライオン、バタム空港でも検査可能に

LCCライオン・グループは2日、リアウ諸島州バタム島のハンナディム国際空港で、3日から迅速抗体検査を開始すると発表した。

これにより国内の空港で検査が可能なのは6カ所となった。空港を含めた検査機関では76カ所に拡充した。

1日には空港近隣の商業エリア「スワルナ・ビジネス・パーク」で、ドライブスルー方式での検査を開始した。

ライオン・グループは、バタム島のハンナディム国際空港で、3日から迅速抗体検査を開始する(NNA撮影)

ライオン・グループは、バタム島のハンナディム国際空港で、3日から迅速抗体検査を開始する(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

電源開発計画、新型コロナで7事業が遅延(14:54)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(12:32)

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

公共交通乗客が回復、6月は前月比2桁増(08/04)

トヨタが6モデルをリコール、燃料ポンプで(08/04)

首都の公共バス、車両155台を追加導入(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン