• 印刷する

恒隆地産の1~6月、25億ドルの赤字

香港の不動産大手、恒隆地産(ハンルン・プロパティーズ)が7月30日発表した2020年1~6月期決算は、純損益が25億3,700万HKドル(約350億円)の赤字だった。前年同期は35億1,600万HKドルの黒字。投資不動産の評価額の変動を除いた実質利益は前年同期比10.8%減の19億8,900万HKドルだった。

売上高は0.5%減の41億8,400万HKドル。同期に不動産販売の計上がなく、全て不動産賃貸事業からの売り上げだった。

香港の不動産賃貸部門の売上高は5.3%減の19億700万HKドルで、内訳は店舗が5.4%減、オフィスが3.1%減、住宅・サービスアパートメントが13.7%減。店舗では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う旅客数減少の影響を最も受けた香港島・銅鑼湾(コーズウェーベイ)エリアで13%減収となった。

中国本土の不動産賃貸部門は香港ドル換算では4.0%増収。人民元ベースでは9.0%増えた。

同社は今後について、香港では完成済み新築住宅の販売に専念すると同時に、非中核資産の売却の機会を探ると説明。7~12月期の業績は、本土の小売関連商業施設事業の売り上げがどこまで回復するかにかかっているとの見方を示した。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大手日刊紙創業者らを逮捕 国安法違反容疑、メディアで初(08/11)

域内67人含む69人の感染確認、計4148人(08/11)

政府の全市民検査、2週間で700万件可能(08/11)

集合制限令など感染防止策、18日まで継続(08/11)

親中派団体、経済再建へ結束呼び掛け(08/11)

米議員ら11人を制裁対象に、香港巡り対抗措置(08/11)

続落、騰訊やスマホ関連に売り=香港株式(08/11)

八達通、小規模店狙いプロモーション開始(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン