財務省、GDP成長率マイナス8.5%を予測

タイ財務省財政事務局(FPO)は7月30日、2020年の国内総生産(GDP)成長率について、マイナス8.5%と過去最大の下落幅になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの世界的な流行によって、タイ経済のけん引役である輸出と訪タイ外国人が大きく減少していることが理由。3…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スマートフォンを介した…(06/14)

外国人旅行者受け入れ秒読み 観光業は懐疑、滞在日数が論点に(06/14)

タイとの貿易、4月は輸出入とも前年超えに(06/14)

感染者2804人、首都で営業制限を緩和(13日)(06/14)

周辺国労働者のコロナ検査、タイが延長(06/14)

グランプリ、新事業でイベント減収を補填(06/14)

港湾公団、国営海運会社の設立を検討(06/14)

台湾・金宝電子、工場閉鎖も5月は5%増収(06/14)

航空燃料BAFS、海外で太陽光発電買収へ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン