• 印刷する

テイクオフ:「タイで初めての高速鉄…

「タイで初めての高速鉄道のルートから外されたのは非常に残念」。先週開かれたタイで初めての高速鉄道計画の投資説明会で東部ラヨーン県の関係者がまくし立てた。ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの3つの空港を結ぶ高速鉄道プロジェクト。その第1期区間のルートに、同県がほとんど含まれなかったことに不満を述べたのだった。

アジアで高速鉄道を運行しているのは日本や中国などごく一部。高速鉄道はいわば国の発展の象徴であり、地方にとってもそのルートに選ばれることは、経済効果だけにとどまらない栄誉なのだろう。

一方、日本ではリニア新幹線のトンネル工事をめぐって、静岡県が水質悪化を理由に着工に反対。当初計画の2027年開業は困難な状況だ。日本にとっては「国家的プロジェクト」の名の下、国民が心を一つにした時代は遠い過去なのかもしれない。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン