• 印刷する

テイクオフ:キムチのおかげで韓国は…

キムチのおかげで韓国は新型コロナウイルス感染症による死者が少ないという研究結果が発表された。フランスのモンペリエ大学の研究チームが新型コロナによる死者数と各地域の食生活の相関関係について分析したところ、「発酵した白菜を常食とする国の死者数が少ない」という共通点が見つかったという。

そもそもキムチが感染症に効くという説は、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者が中国広東省から世界に広がった際、韓国が死者を出さなかったことから生まれた。中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)が流行した15年には、「キムチがMERSに効く」という国会議員の発言も話題となった。

当方も今では密かに「キムチ神話」を信奉し始めている。感染防止対策の一つとして、あまり好きではないキムチの摂取量を増やしているところだ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン